今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

015

太陽光発電で発電した発電量を2月中旬から
つけてみてますが電気料金のお知らせは
2月18日から3月16日で、出てきているのでそれで検証してみます。


2月18日から3月16日の使用量が511kw
この期間で発電した発電量は284kw
東北電力へ余った電力を売売るのですが、売電量は111kwでした。
ということは、284kw-111kw=173kw
284kwを作りながらそのうち、173kw使ったってことですね。
請求額は511kwhで12400円です。
売電は111kwhで2427円です。
この電気使用料のお知らせってよく見ると
使えば使うほど、電気料が高くなっていくんですよ。
基本料金
①1~120kwh
②121~300kwh
③300kwh超過分
燃料調整額・・・・・・・・・・・・・・・・・・で構成されています。
ほんと、細かいんですね。
単純に1kwいくらじゃないんです。
総量を300kwhに抑えるのは、オール電化の場合はなかなか
大変なんじゃないかなって密かに思います。いくらエコタイプの
家電を使っていたとしても。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。