今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

2351

太陽光発電の3kwhをのせています。経験上、今からのせるなら少し設備投資して多めのパネルをのせると毎月うきうき度が増すと思います。今月久しぶりに売電が1万円超しました。うわーとうれしかったので前の年の同じ月はどうだったんだろうとお知らせを引っ張り出してみてみると・・・なんと3万円を売電している年があります。

といってもこの3万円は理由があります。平成23年は東日本大震災のあった年。原発事故のため他県に私と子供二人は避難していました。主人は仕事のため避難せず職場の同僚二人と2週間ほど隣の市に避難しました。しかし、その後は自宅へ戻り日中は遺体安置所めぐり。結局、日中電気を使わなかった事で売電量が多くなったのです。だから、特殊な売電量です。

でも、これはある意味日中電力を使わない家庭の場合(たとえば二人暮らしで働いている)ならば3kwhでけっこう太陽光が稼いでくれる月もあるってことです。この値は絶対というものではありません気象条件が大いに関わってくるのですから。

さて、売電の価格が29円から48円に上がったのが平成22年からです。(東北電力)我が家の場合、5月の発電がうまくいくらしく、売電料金が多いです。

平成21年から平成25年の5月の売電(購入電力量)


平成21年は昼間と夜間で購入電力量が記載されています。夜間の分は朝日で売電しているイメージだと思います。
215




平成22年5月売電48円になりました。
225





平成23年5月 複雑な気持ちになる売電量
235






平成24年5月
245




平成25年5月
255

と、今回は5月だけを記し年で比べてみました。やっぱり天候に左右されるのが良くわかります。今年、普通に生活していて売電が1万円越したのはうれしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。