今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

太陽光発電を後付けするのはなかなかできないなー

003

太陽光発電を後付けするのはなかなかできないなー」と
言ったのは、パートで一緒に仕事をした方のひと言。
パート仲間のひとりが新築をしたので、オール電化にしたのか
どこまで設備投資をしたのか聞いていたところに口を挟んできた
60代前半くらいの男性のひと言です。(東京の方から応援でやって来た)


確かにね・・・。設備投資にはかかるから新築や増築とか
大きな変化がないと決めかねるところがありますね。
でも、うちじゃ後付けやったけど(苦笑・・・)
新築した同僚は、40代前半のご夫婦。子供ふたりの4人家族。
エコキュート、IHクッキング、蓄熱式暖房機、クーラー。
太陽光発電は設置していないオール電化だそうです。
地域は郡山市内。冬は浜通りよりも寒いらしいです。
※私は、母方の実家が秋田県、父方が岩手県なのでそのあたりの
寒さは経験あるけど、郡山はどうだろう。盆地の寒さだったら
秋田県の寒さかなぁ・・・秋田県鹿角市盆地です。
今年の年越しは新築で過したそうなんですけど、蓄熱式暖房機は部屋全体が暖まり、とても良い感じだそうです。
うらやましい。
今年の夏場は、電気料が8500円くらいだったそうです。
冬の電気料を聞くのを忘れちゃった。さっきの、60代前半の男性が
話に混ざってきたから。
太陽光発電補助金制度復活前に建てたので、太陽光は
あきらめたのだそうです。もしも、補助金があれば考えたのに・・・・
と少し残念そうでした。
11月から、発電した分高く買い取ってもらえるかなぁ。
新政党でも、売電買い取り倍額の案はあるようなので
このまま、太陽光を普及させるためにもぜひ実現してもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。