今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

東北電力のコールセンターの対応は丁寧で正確

a0001_007847

義父母の家のガスコンロをIHクッキングヒーターに替えようとしてますが、いろいろ面倒です。ケーズ電器に行って見積もりをとってもらいに来たら東北電力で30アンペアから40アンペアに替えてもらわないと、設置工事ができないと言われ週明けの月曜日東北電力のコールセンターに電話を入れました。


自分があまり詳しくないので、理解しできなくて、1日に3回も電話で話をしました。
1回目はこのままではその地域はアンペア変更ができないので「電気工事屋さんで工事をしてもらってください」といわれ電気工事組合の電話番号を教えてもらいました。1度電話を切り、ケーズ電器の業者が言ってたことと違うのでケーズに聞いてみると40アンペアにしないと工事ができないので、もう一度何をどう工事屋さんに頼めばいいのか聞いてみてといわれて、また電話をしました。

2回目の電話対応の人は何を私が1回目の対応の人と話をしていたのか記述が残っているのか、同じことを言わなくて済んだので助かりました。こういう時何回も同じことを言わなくてはならないのは苦痛ですもん。結局、週末土曜日に予約をいれて現地に来てもらうことになりました。

これで終わりかと思っていたら、夕方義父母のところに電話が入り事をすすめて話をしているのは外の嫁の私なのでまた東北電力に電話することになりました。

3回目の対応の人に、どこから話をすればいいんだろうと不安だったけど予約を入れていると話をしたらすぐにデーターを読んでくれて話をすぐ分かってくれました。そして、こちらの営業所に電話をそのままつないでくれて義父母のところに電話を入れてくれた本人と話をすることができました。

対応のすばやさに脱帽しました。どんなメーカーに電話をしてもここまで細かく話をオペレーターで共有できていることはほとんどないです。さすが東北電力だ。(私は東北電力の回し者ではありません)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。