今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

太陽光発電システムの3kwと6kw

f

太陽光発電システムを利用している知人が何人かいる中で先日、ちょっと細かく話を聞くことができました。太陽光発電はやはり、設備投資をしなくては思うように1ヶ月の電力料金をまかなうことはできないのだと思いました。うちの場合は3kwのパネルをのせています。その知人は、6kwのパネルです。



メーカーはsanyo。エコ給湯、蓄熱設備も整っています。
電力会社との契約は、やりくりナイト10
新築したときに、全て設置しています。これだけの条件が整うと
東北電力のCMのように、1ヶ月分の電力がまかなえてしまうのです。
1ヶ月の売電を聞いて、びっくり。
1ヶ月、大抵2万くらい多いときで3万くらいと言ってました。
このときの条件は、独身の時代だったため、日中電気を
使用していない事が多いって言う事がポイントかな。
日中作った分を売電しちゃうイメージですもんね。
今は、お嫁さんがいて子どもも生まれてという日中も電気を使う
生活になったといいつつも、売電は2万はいけるっていうんですから
6kwおそるべし。
ただし、設備投資の金額は・・・・結構いきますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。