今からのせるなら4kw以上がいいと思います

menu

太陽光屋根に後付け記録

a0002_001942

太陽光買い取り価格が下がるらしいと、新聞で読みました。太陽光をのせることを推進するためのポイントのひとつの売電価格。消費者の電気料金上乗せでまかなわれているのだから、太陽光をのせていない人はなんとなく面白くない話になるのかな。


太陽光発電の買い取り価格は12年度から約1割(4円)引き下げ1kwhあたり38円程度とする。発電コストが高い太陽光の買い取り量が増加するなどから消費者の電気料金への上乗せ価格は月額120円と、12年度に比べ(87円)約4割増える見通しなのだそう。(3月12日読売新聞朝刊より)

電気会社が満足に電気を作れずにいても今はどうにか電気の供給をしている。でもこれからどうなるかはわからないけど、稼働させてきた原発は今まで過度な数だったのではないかと思える。

節電は必要。当たり前な心がけでいいでしょう。
電気は必要なので完ぺきな脱原発はできないと思える。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about

2001年(平成13年) 屋根に太陽光発電を後付けしました。今となっては太陽光発電システムの初期のものになりますね。

太陽光を後から屋根にのせたきっかけや感想などを2008年から主婦目線で書いています。